お役立ちガイド

賃貸併用住宅を検討すべき
3つのメリット

賃貸併用住宅を検討すべき3つのメリット

自宅に賃貸用の住宅を併設した建物を「賃貸併用住宅」といいます。主にマイホームが古くなり建て替えようと考えている方の選択肢のひとつです。自宅として新しくなることはもちろん、一部を賃貸用住宅として貸し出しますので、家賃収入を得ることができます。

普通の賃貸物件(アパート)だと住宅ローンは使えませんが、賃貸併用住宅なら自宅用スペースが50%以上あれば住宅ローンを利用して建てられるので、建て替えを考えている人にとって、一度はしっかり検討すべき選択肢です。

とはいえ、「賃貸」と聞くと少し難しく感じるかもしれません。
そこでこの記事では、賃貸併用住宅にはどのようなメリットがあるのか、リスクはあるのかなど、わかりやすく解説していきます。ぜひ参考にし、後から「賃貸併用住宅にしておけば良かった!」と後悔しないよう、検討してくださいね。

賃貸併用住宅を検討すべき3つのメリット

1. 必見!これが賃貸併用住宅の3つのメリット!

1-1. ローンの負担を軽減できる!

敷地のすべてを自分の住宅にするのではなく賃貸併用住宅にする理由は、「住宅ローンを利用しつつ、さらに家賃収入を返済にあてて、ローンの負担を軽減できる」というメリットがあるからです。

自宅用スペースが50%以上であれば、事業用のアパートローンよりも低金利の住宅ローンが組めるので、それだけでもお得ですが、家賃収入があることで月々の返済も楽になります。これは「賃貸併用住宅」ならではのメリットです。

1-2. 不労所得が得られる!

賃貸部分から得られる収入は不労所得となります。この収入は、給与収入や事業収入とは違い、自動的に入ってくるものです。老後の生活資金や年1回の旅行資金として貯蓄すれば家計の助けとなります。

また、仮に病気やケガなどで働けなくなり本業での収入が減った場合でも、不労所得は力強い味方となってくれます。サラリーマンの場合、傷病手当が受け取れますが、支払われるのは月給のおよそ3分の2程度です。家賃収入は、万一のときにでも安心できる収入源となります。

1-3. 節税効果がある!

土地や住宅の相続税はそれぞれの評価額に課税されます。しかし、貸している土地や住宅に対しては評価額から一定の割合を減額してもらえるため、相続税の負担を減らすことができます。また固定資産税・都市計画税についても、居住用住宅の割合で税負担を軽減してもらえる特例がありますので、節税効果が得られます。

具体的な節税の効果に関しては、物件を建てる際に工務店やハウスメーカーに、どのようなプランがあるか聞いてみると良いでしょう。過去の事例なども踏まえつつ、持っている土地に適したプランを提案してもらうことができます。

以上が賃貸併用住宅の3大メリットです!「ローンの負担軽減」「不労所得」「節税効果」、どれも普通に自宅を建てるだけでは得られないものでしたよね。

「賃貸併用住宅、検討してみようかな」と思う方は、コチラから実績豊富な大手建築会社やハウスメーカーにプランを請求してみてください。あなたの土地や条件に適したプランの提案が受けられます。

2. 賃貸併用住宅のリスクと対策

2-1. 空室リスクとその対策

地域の需要によっては、賃貸住宅への入居者が決まらないことが考えられます。入居者がいないと家賃収入が見込めません。家賃収入を住宅ローンの返済に充てようと考えていた場合、その返済が負担となる可能性があります。

空室リスクは、ハウスメーカーやや管理会社など、経験豊富な専門家の知恵を借りるなどして、極力最小限に抑えるようにするとよいでしょう。

2-2. 入居者トラブルとその対策

部屋を借りている入居者とのトラブルというのも、考えられるリスクのひとつです。賃貸経営が初めての方も多いでしょうから、もし対応に不安がある場合には、経費は発生しますが管理会社に委託するといいでしょう。
面倒なことはプロに任せる」ということは、とても有効な選択肢です。

3. 賃貸併用住宅を建てる準備をしよう

3-1. 賃貸併用住宅に関する情報を集めよう

自宅が古くなっていて建て替える際、賃貸併用住宅にする方法があります。その場合には、どのような間取りなら借り手がいるのか、地域の需要を把握することが大切です。「賃貸併用住宅にしようかな」と思ったら、賃貸併用住宅の実績が豊富な工務店や建築会社から色々とアドバイスを受けるようにしましょう。

HOME4U土地活用」なら、土地の所在地や面積など簡単な項目を入力すれば、その土地の賃貸併用住宅に強い複数の建築会社から、さまざまなプランの提案を受けることができます。

複数の提案を受けることで、「自分の物件の立地にはどのようなものが最適なのか」や「予算に見合ったプランがどれなのか」、自然と見えてくるはずです。

3-2. 家族の考えをまとめておこう

次に、提案されたプランを参考に賃貸併用住宅を建てる上で、自分たちにどのような希望があるか整理して明確にしておきましょう。建築会社側も、目的やニーズが明確に分かれば、応えやすく、細かな提案にも繋がってくるでしょう。

特に次のような点についてまとめておくことをおススメします。

  • 将来、賃貸をやめて二世帯住宅として活用する予定があるのかどうか。
  • 建築資金を誰がどのくらい負担するか。予算はどのくらいか。
  • 自宅部分と賃貸部分それぞれを最終的にどのような間取りにするか。

3-3. 資金計画を立てよう

資金計画は、住宅ローンをしっかり返済できるかどうかの判断材料になります。資金計画を作成するためには、家賃収入や住宅ローンの返済額をどのぐらいにするか、具体的な数値が必要となります

直接相談をする前に決められるのが理想ですが、作成にも情報が必要ですので、実際には依頼する建築会社を決める中で、少しずつ資金計画を作成していきます。

3-4. 建築を依頼する会社を決めよう

依頼先を決めるにあたり、工務店や建築会社との相談が必要になります。時間はかかってしまいますが、必ず複数の工務店や建築会社と相談するようにしましょう。いくつかの工務店や建築会社と相談していくうちに、依頼したい会社が見つかります。

賃貸併用住宅ですので、建築分野だけでなく賃貸経営に長けている会社を希望する場合は、ハウスメーカーが相談先となります。価格面だけでなく、入居後も相談に乗ってもらえる会社を選択しましょう。

3-5. 入居者の募集について考えよう

賃貸併用住宅の建築を発注したら、次に入居者の募集、管理方法について考える必要があります。入居者の募集は通常仲介業者に依頼しますが、管理業務も含めて入居者募集も行ってくれる管理会社もあります

また、管理業務には、自分たちで行う方法と管理会社に委託する方法があります。管理会社を使うと家賃の5%程度の手数料がかかりますが、管理業務の手間が減るので、賃貸経営が初めての大家さんにとってはメリットが大きいといえます。

さらに対象物件を不動産会社が一定年数借り上げることで、空室リスクを軽減できる一括借り上げという方法もあります。一括借り上げの場合、家賃保証があり、空室があっても家賃収入を得ることができる仕組みになっています。

管理業務のみ委託するケースと比較すると手数料がかかりますが、空室の不安を払しょくすることはが可能です。一括借り上げまでフォローしてくれるハウスメーカーもあるので、建築を検討している段階で相談するとスムーズです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。
最初から賃貸経営に詳しい人はいませんが、建築会社や管理会社などの豊富な知識を借りたい、アドバイスをもらいたりしながら進めれば、普通の人が賃貸併用住宅を建て、賃貸経営を始めることはできます。

子どもの独立後、古くなった自宅の部屋が余ってしまうご家庭も少なくありません。その自宅を小規模に建て替えるという選択もありますが、余ったスペースを有効活用し、家賃収入や節税効果が生まれる賃貸併用住宅にはたくさんのメリットがあります

住宅の建て替えをお考えの際は、賃貸併用住宅もぜひ検討してみてください。

大手企業が無料であなたの土地の収益最大化プランを提案します!

大手企業が無料であなたの土地の収益最大化プランを提案します!

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門業者」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。16年の実績があるので、安心してご利用頂けます

ぜひコチラから大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!

カンタン60秒入力 土地の情報を入力するだけ!

  • 株式会社アヴェントハウス
  • 株式会社セレ コーポレーション
  • 株式会社クラスト
  • 大東建託株式会社
  • 株式会社MDI
  • ミサワホーム株式会社
  • 三井ホーム株式会社
  • 株式会社日本ハウスホールディングス
  • 日本パーキング株式会社
  • パナホーム株式会社
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 大成ユーレック株式会社
  • 東武プロパティーズ株式会社
  • 東京建物株式会社
  • トヨタホーム東京株式会社
  • 株式会社エイコーレンタサービス
  • 株式会社ユニホー

関連記事

お役立ちガイド トップページへ戻る