お役立ちガイド

20年の安定収入!太陽光発電による
土地活用を始めるなら今!

20年の安定収入!太陽光発電による土地活用を始めるなら今!

郊外に行くと、地面に整然と並べられた太陽光パネルを見かけることがあるかもしれませんね。このような、地面に太陽光パネルを設置するタイプの「野立て太陽光発電」は、土地活用の一つとして人気を集めています。

太陽光発電による土地活用は、長期的に安定した収入が得られる活用方法です。しかも、アパート等の建物を建てる土地活用に比べると、初期費用や維持費も少額で、高い利回りが期待できるのが魅力です。

でも、どんな土地でも「野建て太陽光発電」に向いているわけではありません。また、どんな土地活用でもそうですが、メリットだけではなくデメリットについてもしっかり理解しておくことが大切です。

ぜひこの記事を読んでいただき、「太陽光発電で成功するためのポイント」を押さえて、あなたの土地の有効活用を検討してみてくださいね。

20年の安定収入!太陽光発電による土地活用を始めるなら今!

1. 太陽光発電による土地活用のしくみ

まず、「野建て太陽光発電」はどんな土地に向いていて、どのように運営することになるのか、押さえていきましょう。

1-1. 向いている土地の5つの条件

野建て太陽光発電に向いている土地の条件は、次の5つです。

  • 日当たりが良い
  • 郊外
  • 近くに電柱がある
  • 地盤が固い
  • 災害の危険性が少ない

5つの条件について詳しく解説します。

条件 1日当たりが良い

太陽光発電を行う絶対条件が、ある程度の日当たりが確保できることです。周囲に建物や木など、日照を遮るものがない土地が向いています。

将来、周囲に高い建物が建つ可能性があるのかどうかにも注意しましょう。

条件 2郊外

周囲に建物が密集している市街地では、建物の日陰ができてしまうので発電効率が悪くなるだけではなく、太陽光パネルの反射光によって近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

そのため、野建て太陽光発電は、できるだけ建物が少ない、郊外の方が向いています。アパートや駐車場のニーズが少ないエリアでも、土地を有効活用できるのが太陽光発電の魅力です。

また、市街地では固定資産税が高く、太陽光発電を行っても総合的な収支がプラスにならない可能性があるので、税金の安い郊外の土地のほうが向いています。

条件 3近くに電柱がある

太陽光パネルで発電した電気は、送電線につないで送ります。最寄りの電柱までの送電線の工事費用は、太陽光発電を設置する人の負担になるので、近くに電柱がある土地は有利です。

近くに電柱がない場合には、自費で電柱を立てることになり、初期費用が割高になります。

条件 4地盤が固い

野建て太陽光発電は、ある程度、地盤がしっかりとした土地のほうが基礎工事の費用が抑えられるので向いています。地盤の弱い土地に基礎工事を行う場合には工事費用が割高になります。

また、あまりにも地盤が軟弱な場合には、太陽光パネルが設置できない場合もあります。

条件 5災害の危険性が少ない

太陽光発電用地が、台風等の災害によって水没したり土砂崩れ等の被害を受けたりした場合、大きな損害を被る恐れがあります。太陽光発電を始めるときには、市町村が発行している「ハザードマップ」で災害の危険性を調査し、災害リスクの少ない土地を選ぶことが大切です。

ただし、災害リスクについては、損害保険に加入すればある程度のリスク回避が可能です。

1-2. 太陽光発電の2つの運営形態

太陽光発電事業には、自営方式と土地を貸す方式の2種類があります。どちらの方式にするか迷う場合には、それぞれの見積もりを比較してから決めるとよいでしょう。

「自営方式」では、土地のオーナーが自己負担で太陽光発電設備を設置します。維持管理費用等も発生しますが、経費を差し引いて残った売電収入はすべてオーナーのものになります。

「土地を貸す方式」は、太陽光発電の事業者に土地を貸して、オーナーは地代収入を得る方法です。事業用地としては、200坪以上の土地が好まれます。

土地を貸す場合、発電装置の設置費用や維持管理コストは太陽光発電事業者が負担してくれるので、手間も費用もかかりません。その代わり、「自営方式」に比べると、収益性はだいぶ低くなります。

1-3. 固定価格買取制度

次に、太陽光発電事業の詳しい制度について解説します。太陽光発電は、太陽光パネルで発電した電気を電力会社に売って収益を得ます。

特徴は、「一定の期間」「一定の価格で」売ることができる、ということです。これが、固定価格買取制度(FIT制度)です。

発電した電気を売る単価は、太陽光発電を始める時点で決まります。発電した電気の単位は「kWh」で表しますので、「1kWhあたり●円で買取される」という契約になります。

買取単価は年度ごとに改定されますが、スタートした時点の買取単価は、10年または20年間保証されます。固定価格買取制度は、発電した電気を電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度ですから、非常に安心感がありますね。

固定価格となる期間は、太陽光パネルの設置容量によって決まります。大まかにいうと、太陽光パネルの枚数をたくさん設置すれば、設置容量が増えます。

設置容量 固定価格となる期間
10kW以上(事業用) 20年間
10kW未満(家庭用) 10年間

固定価格での買取期間終了後は、その時点の買取単価に見直しされますが、将来は買取単価の低下が予想されています。そのため、長期的に安定した土地活用を実現するためには、10kW以上の容量の太陽光パネルを設置し、20年間の固定価格買取制度を利用しましょう

一般的に、50坪前後の広さがあれば、事業用の10kW以上の太陽光パネルの設置が可能です。土地の傾斜やパネルの種類などによって必要面積は変わるので、太陽光発電の専門会社に相談してみるとよいでしょう。

コラム「買取価格の今後の動向」

2012年に固定価格買取制度が開始されて以降、買取価格は、毎年徐々に下がっています。「それでは、今から始めてもメリットは少ないのでは?」と心配になるかもしれません。

でも実は、買取価格が下落する一方で、太陽光パネルの設置費用も年々安くなっているので、これからスタートしても十分に高い利回りを得ることができます。むしろ、昔よりも格段に設置コストが安くなっているため、太陽光発電事業は参入しやすい状況にあります。

とはいえ、こんなニュースを目にした方もいるかもしれません。

経済産業省発表

2020年代半ばまでに買取価格を現在の半分以下に下げる方針(2018年9月13日)

今後、太陽光発電がさらに普及し、電力の供給が増えれば、買取価格がますます下がっていくことが予想されます。太陽光発電の固定買取価格は、スタートした時点で固定されますが、設置コストは下がりにくくなってきているので、メリットが大きいうちに早めに導入を検討することをおすすめします。

2. 太陽光発電のメリット・デメリット

2-1. メリット

メリットは次の4つです。

  • 長期安定収入
  • 手間がかからない、維持費が安い
  • 郊外の土地を有効に活かすことができる
  • アパート等に比べて初期費用が安い


それでは詳しく見ていきましょう。

メリット 1長期安定収入

太陽光で発電した電気は、長期にわたり、固定価格で買い取ってもらえます。事業用の太陽光発電であれば、20年もの間、固定価格で買い取ってもらえるので、これほど長期安定収入が見込める土地活用は他になかなか見つからないでしょう。

この固定価格買取制度は、太陽光などの再生可能エネルギーの普及を促進する国の政策による制度であることも安心できるポイントです。

太陽光発電による収入は発電量に左右されるので、天候や季節によって変動します。ただし年間を通してみれば、よほどの気候変動がない限り、毎年同じくらいの収入が期待できます

メリット 2手間がかからない、維持費が安い

太陽光発電の維持管理は、定期的な清掃や点検をするだけなので、ほとんど手間がかからないのも魅力です。点検等は専門会社に委託することができ、アパート経営等に比べると維持費用は少額です。

メリット 3郊外の土地を有効に活かすことができる

郊外のエリアでは、アパートや駐車場等の需要が少ないかもしれませんが、そのような場所でも太陽光発電事業は安定した収益を生み出してくれます。例えば、基本的に建物を建てることができない「市街化調整区域」であっても、太陽光発電パネルの設置は可能です。

地価が安い土地や、他に使い道が見つかりにくくて眠っている土地も有効に活かすことができるのが太陽光発電です。なお、農地に太陽光発電を設置する場合には、「農地転用」の手続きが必要になるので注意しましょう。

メリット 4アパート等に比べて初期費用が安い

アパート経営等を始めるには、まとまった建物建設費用を投資しなければなりません。それに比べると、太陽光発電装置の初期投資は低額で済みます。

自営方式で太陽光発電を設置する場合には、規模や土地の条件によって異なりますが、初期費用は1kWあたり30~40万円前後ですので、導入されることの多い10~50 kW未満の容量なら、初期投資総額は数百万円から一千万円台くらいに抑えることができます。

太陽光発電は、あまり大きな借入をしないで土地活用をスタートしたい場合にも、魅力的な選択肢です。また、太陽光発電の事業者に土地を貸す方式なら、初期費用は事業者が負担してくれるので、初期投資ゼロで土地活用を始めることができます。

2-2. デメリット

デメリットは次の3つです。

  • アパート経営ほどの高収益が期待しにくい
  • 風水害、盗難リスク
  • 短期の土地活用には向いていない

それぞれ見ていきましょう。

デメリット 1アパート経営ほどの高収益が期待しにくい

アパート経営はまとまった初期投資が必要な反面、期待できる収益性は高いものになります。一方で、太陽光発電事業は初期投資が少ない代わりに、アパート経営ほどの高収益は期待できません。

アパ―ト、マンション、駐車場等の需要が比較的多いエリアの土地活用の場合は、太陽光発電は収益性の面で不利です。

デメリット 2風水害、盗難リスク

太陽光発電用地が災害によって被害を受けると初期費用を回収できない恐れがあるため、災害リスクの低い土地を選ぶことが大切です。

また、太陽光発電装置のケーブル等の盗難被害を防ぐためには、放置されている印象を与えないよう、ソーラーパネルの掃除等のメンテナンスを定期的に行うとともに、監視カメラを設置するなどの防犯対策を適切に提案してくれる事業者を選ぶことも大切です。

災害や盗難等に備えて、損害保険に加入しておくと安心です。

デメリット 3短期の土地活用には向いていない

太陽光発電は、当初の設置コストを回収するまでに10年程度が必要です。そのため、短期間の土地活用には向いていません。

3. 太陽光発電の始め方

太陽光発電は事業リスクが低い土地活用です。でも、太陽光発電に向いていない土地でスタートしてしまったら、成功するはずがありません。

また、施工会社によって工事費用や基礎工事の質などにバラツキがあるので、収益性に大きな差が出てきます。そこで、太陽光発電で成功するためのポイントと、信頼できる事業会社の見付け方をご紹介します。

3-1. 太陽光発電で成功するための4つのポイント

太陽光発電の収益を最大化し、安心して土地活用をスタートするために、「事前調査」「初期費用」「安心できる施工会社選び」「収支シミュレーション」の4つに注意しましょう。

ポイント 1事前調査を念入りに

あなたの土地が太陽光発電に向いているかどうか、専門会社にしっかりと事前調査してもらうことが大切です。日当たり、地盤、災害の可能性についても専門会社の意見を聞きましょう

ポイント 2初期費用を抑える

太陽光発電事業の収益性を上げるためには、初期費用をできるだけ抑えることが大切です。発電効率の高いシステムをできるだけ低価格で設置してもらえる会社を選びましょう。

見積もりを比較する際には、太陽光パネルの設置費用だけでなく、フェンスの設置や造成費等の諸経費も含めた総額で比較するように注意しましょう。

ポイント 3安心できる施工会社を選ぶこと

太陽光パネルは大手の電機メーカーが製造しており、メーカーの保証も付いているので安心ですが、設置工事の品質については注意が必要です。初期費用は安いほうがいいとはいえ、適切な基礎工事がなされていないことなどにより、不測の損害を被ることになれば本末転倒です。

設置場所の地形や地盤の強さに応じて、適切な基礎工事を行うことが重要です。施工の実績が豊富で信頼できる施工会社を選びましょう。

ポイント 4収支のシミュレーションをしっかり確認すること

初期投資、毎年の維持管理費用、固定資産税等を差し引いた純収益をしっかり確認しましょう。非現実的な高すぎる発電量を想定していないかどうか、発電量の根拠についても説明してくれる会社を選ぶことが大切です。

また、地価の高いエリアで、固定資産税・都市計画税の負担が大きければ、最終的に手元に残る収益がわずかになってしまう危険もあるので、このような場合には他の土地活用の選択肢と比較してみると良いでしょう。

3-2. 信頼できる事業会社を見つける方法

これらの注意点をふまえると、太陽光発電による土地活用を検討するにあたっては、信頼できる太陽光発電の事業会社を見つけることが最も重要です。

あなたの土地が本当に太陽光発電に向いているのか、事前調査やシミュレーションを適切に行い、良心的なアドバイスをもらえる会社を見つけるのは簡単ではないかもしれません。また、初期投資を抑えつつ、適切な工事を行ってくれる会社であることも必須です。

そのような優良な専門会社をカンタンに見つけられるのが「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」です。

HOME4U(ホームフォーユー)土地活用

HOME4U土地活用」を利用すると、簡単な情報を入力するだけで、厳しい審査をくぐりぬけた信頼できる専門会社から初期費用や収支計画の提案を受けることができます。

実績豊富で信頼できる会社と最短距離で出会うことができるサービスなので、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

それではおさらいです。
太陽光発電が向いているのは、日当たりが良い郊外の土地で、地盤が固く、近くに電柱がある土地です。

事業用の太陽光発電では、発電した電力を20年間、固定価格で買い取ってもらえるので、長期的に安定した収益を得ることができます。他の土地活用に比べると、初期費用が低額で、メンテナンスの手間が少ないのも魅力です。

他の活用方法が見つかりにくい郊外の土地でも、有効に利用できるのが太陽光発電。電力の買取価格は毎年徐々に下がっていますが、昔よりも格段に設置コストが安くなっているため、メリットが大きいうちに検討するのがおすすめです。

HOME4Uを利用し、信頼できる会社に相談して、土地活用を成功させましょう。

大手企業が無料であなたの土地の収益最大化プランを提案します!

大手企業が無料であなたの土地の収益最大化プランを提案します!

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門業者」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。18年の実績があるので、安心してご利用頂けます

ぜひコチラから大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!

カンタン60秒入力 土地の情報を入力するだけ!

  • 株式会社アヴェントハウス
  • 株式会社セレ コーポレーション
  • 株式会社クラスト
  • 大東建託株式会社
  • 株式会社MDI
  • ミサワホーム株式会社
  • 三井ホーム株式会社
  • 株式会社日本ハウスホールディングス
  • 日本パーキング株式会社
  • パナホーム株式会社
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 大成ユーレック株式会社
  • 東武プロパティーズ株式会社
  • 東京建物株式会社
  • トヨタホーム東京株式会社
  • 株式会社エイコーレンタサービス
  • 株式会社ユニホー

関連記事

お役立ちガイド トップページへ戻る

最大7社の土地活用プランを比較!
比較をすれば収益最大化プランが見つかる!

完全無料今すぐプランを請求する  
比較をすれば収益最大化プランが見つかる!土地活用プランを一括無料請求

電話でもプラン請求をお受けします。「個人情報の取り扱いについて」に同意の上、お電話ください。